診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内

高額療養費制度

高額療養費とは、同一月(1日から月末まで)にかかった医療費の自己負担額が高額になった場合、一定の金額(自己負担限度額)を超えた分が、あとで払い戻される制度です。
※詳しくは、保険者にご確認ください。

医療費が高額になりそうなときは限度額適用認定証をご利用ください。

診療費用(請求額)が高額となった場合、全額をお支払いいただいた後でも保険者に対し申請を行えば、この制度で定められた自己負担限度額を超えた金額について払戻しを受けられますが、69歳までの方で、入院・手術などでひと月の診療費用が高額になる場合、あらかじめ『自己負担限度額に係る認定証(限度額適用認定証)』の交付を受けていただき窓口に提示いただくと、1ヵ月 (1日から月末まで)の窓口でのお支払いが自己負担限度額まで(下記の表を参照)となります。
年齢対象 区分 月額単位の限度額
70歳未満の方 252,600円 +(総医療費-842,000円)×1%
167,400円 +(総医療費-558,000円)×1%
80,100円 +(総医療費-267000円)×1%
57,600円
(低所得者/被保険者が市区町村民税の非課税者等) 35,400円

※医療費は保険負担分のみ、ひと月ごとの計算となります。
※同月に入院や外来など複数受診がある場合は、高額療養費の申請が必要となることがあります。
※保険外負担分(オムツ代、食事代、書類代、個室料等)は対象外となります。
申請をお薦めしている方
70歳未満の方 (70歳以上の方はお手続きいただかなくても限度額が決まっています。)
手術を受けられる方
化学療法を受けられる方 (外来でもご利用いただけます。)
帝王切開の予定の方
長期間の入院となる方
非課税世帯の方(70歳以上の方もお手続きが必要になります。)
手続きの仕方
国民健康保険の方 保険証の市町村の国民健康保険担当課で申請の手続きを行って下さい。
社会保険の方 ご加入の保険者にお問い合わせ頂き、申請の手続きを行って下さい。
(保険者によっては、ホームページより申請用紙を発行できる場合がございます。)

この認定証を窓口に提示することにより、窓口での支払いが限度額までとなります。

※申請の際、保険証が必要になる場合があります。
※短期保険証、被保険者資格証明書をお持ちの方は保険者にご相談してください。
ご入院中にお手続きをされる方へ
申請は適用月の内に手続きをお願いいたします。
新しい月になると前月分の申請ができない場合がございます。
また、限度額適用認定証が発行されましたらなるべくお早めに窓口へご提示下さい。
ご提示が遅れますと通常通り3割分の費用を窓口負担していただく場合がございます。

高額療養費の算定方法

暦月ごとに計算します
月ごと(1日から末日まで)の計算となるので、月をまたいで入院されたときは、それぞれの月で自己負担限度額を超えていなければ高額療養費の支給対象となりません。
病院・診療所・診療科ごとに計算します同じ病院で、複数の科を受診された場合、それぞれの診療科で自己負担限度額を超えていなければ高額療養費の支給対象となりせん。
入院と通院は別に算定します。
合算高額療養費と特定疾病高額療養費及び多数該当の制度があります 。
特定疾病高額療養費
  • 高額で長期間の治療が必要として厚生労働大臣が認めた特定疾病の患者さまの自己負担限度額は1ヶ月最大でも10,000 円となります。
  • 人工透析を実施している慢性腎不全、血友病、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群の患者さまが対象となります。
  • 限度額を超える額は現物給付されるので、病院窓口でのご負担は最大10,000 円で済みます。
  • ただし、上位所得者(診療のある月の標準報酬月額が53万円以上である70歳未満の被保険者またはその被扶養者)については、自己負担限度額は20,000 円となります。
  • 該当する患者さまは、ご加入の健康保険の窓口に申請し(医師の意見書等を添える必要がある場合もあります)、「特定疾病療養受療証」の交付を受け、病院の窓口にその受療証と被保険者証を提出してください。

ご連絡・お問い合わせ

不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
047-451-6000 (代表)
FAX:047-451-0393 (代表)
パソコンからのお問い合わせはコチラをご利用下さい。
受付時間:月〜土曜日 8:30〜17:00(日曜・祝日は除きます)
場所:谷津保健病院 1階
ページTOPへ