診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内

内視鏡室

概要

内視鏡室では、H25年度より最新のハイビジョン内視鏡システムを導入しており、狭帯光観察NBIシステムや、拡大内視鏡など高画質で鮮明な診断が可能です。

治療においても食道・胃・大腸の内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)、大腸ポリープの内視鏡的粘膜切除術(EMR)、内視鏡的逆行性胆管造影(ERCP)関連の治療など多くの検査治療を安全に行っています。

内視鏡検査はつらい、苦しいというイメージを持たれている方もいるかと思いますが、当院では鎮静剤・鎮痛剤を注射しながらの検査も行っており、安全性を確保した上で、出来るだけ苦痛の少ない検査・看護を目指しております。
従来のハイビジョン画質を大幅に上回る高精細画像
従来製品から向上したNBI画像

上部内視鏡検査(胃カメラ)

胃カメラを受けるには
 
通常は、外来受診後、ご都合の良い日に予約をして内視鏡検査を受けて頂きます。
当院と連携している、近隣の診療所・クリニック・医院を通して、予約をすることができます
胃カメラ検査を受けられる患者様へ
前日 夕食は夜8時までに済ませ、10時以降は食べたり飲んだりしないでください。
当日 朝7時頃までにコップ1杯程度のお水・お茶を飲んできてください(脱水予防)
検査当日 5分前までに外来受付を行ってください。受付が済みましたら内視鏡室にお越しください。
 

下部内視鏡検査(大腸内視鏡検査)

大腸内視鏡検査とは
 
肛門より内視鏡を挿入し直腸・結腸・回盲部末端までの粘膜の観察・診断・治療を行うものです。
大腸内視鏡検査をうけるには
通常は、外来受診後、ご都合の良い日に予約をして内視鏡検査を受けて頂きます。
大腸内視鏡検査を受ける方へ
  • 原則として、検査前日に下剤を飲んでいただき、当日ご自宅で洗腸剤を飲んで来院していただきます。
  • 検査が終わりましたら十分休んで頂き、鎮静剤等の影響がなくなってからお帰り頂きます。
  • ポリープを切除した場合は、一泊入院して経過を観察します。

注意事項

普段飲んでいるお薬に関して
  • 高血圧・心臓病のお薬のある方は早い時間に飲んできてください。
  • 糖尿病の治療(内服薬・インシュリン注射)をされている方は、中止又は使用量の減量など変更する場合がありますので、医師にお尋ねください。
来院方法に関して
セデーション希望の方が、お車・バイク・自転車などを運転してこられた場合は、セデーションをお断りしておりますのでご注意してください。(交通事故等の危険がある為です、ご理解願います)

ご連絡・お問い合わせ

内視鏡検査についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
047-451-6000 (代表)(内視鏡室)
FAX:047-451-0393 (代表)
パソコンからのお問い合わせはコチラをご利用下さい。
受付時間:月〜土曜日 9:00〜16:30(日曜・祝日は除きます)
場所:谷津保健病院 1階
ページTOPへ