診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内

CT検査

概要

近年、画像診断技術の進歩により、虚血性心疾患の最終診断に用いられる心臓カテーテル検査と同様の情報をCTスキャンにて得ることができるようになりました。
当院では、先進医療機器整備の一環として最新全身用コンピュータ断層撮影装置Optima CT660 Pro Advance 『GE Healthcare 社製』を設置しています。
以前のCTに比べて広範囲を高速に撮影が可能になります。息止め時間の短縮により、患者負担の低減も可能になります。
またスライス情報も1mm以下の収集が可能になり、従来のアキシャル断面だけでなく、多断面での画像構築も可能になります。
20年以上も変化のない、CTの画像再構成方法を一新しました。先進的な技術であるASiRを搭載するとで今までの約半分以下の被ばく量でもしっかりとした画像の取得が可能になり、低被ばく検査の実現が可能です。

CT検査とは
通常のレントゲン撮影では、写真のような1枚の平面像をフィルムに投影して見るので、その内部構造を詳しく見ることは出来ません。CT検査では、放射線を出す装置に寝たままで撮影を行ない、得られたデータをコンピュータの処理により体を細かく輪切りにした画像にします。これにより、体の内部構造を詳しく見ることが出来ます。
造影検査とは
CT検査と基本的には一緒です。造影剤という薬を使うか否かの違いです。CT造影検査では造影剤を使用して検査を行ないますが、その利点としては、病変部(正常でない部分)がより詳しく分かる、血管の走行や狭窄(細く狭まっている)が分かるという事があげられます。また、病変部が悪性なのか判断する材料にもなります。ただ、欠点としてごくまれに副作用の発生があげられます。副作用の発生を最小限にする為、造影剤使用の有無は事前に医師との問診を行ない決めています。
造影剤とは
水溶性の透明な液体で、腕の血管に点滴を付け、そこから一定の速度で注入していきます。注入時は体が温かくなりますが、すぐに治まります。使用した造影剤は、尿として体内から出されますので体に残る事はありません。ただ、まれに副作用が発生することがあります。
副作用とは
検査終了後、頭痛・かゆみ・発疹・吐き気などの症状が現れることがあります。造影剤を使用したことで起こるこのような症状を副作用といいます。次第に治まる症状で、基本的に治療は行ないません。このような副作用が起こる確率は何百人に一人です。上記は軽い副作用に分類されますが、重い副作用として、呼吸困難・血圧低下・意識障害があり、この場合は治療が必要です。ただ、重篤な副作用が起こる確率は、何千人に一人です。当院ではこれらの副作用に対してシミュレーションも行ない、万全の体制をとっています。

CT造影検査の流れ

@検査前に更衣室で検査着に着替えをしていただきます。
衣服に金属がない場合、私服のままで検査ができることもあります。

A造影剤を注入する準備として、腕に点滴を付けます。
この時、点滴されているのは造影剤ではなく、生理食塩水(体内の水分に近い成分)です。

B検査室へ移動。寝台へ寝ていただき、検査開始。
検査の途中で点滴を生理食塩水から造影剤へつなぎ変え、検査を行います。

※10秒程度の息止めがある場合があります。

C検査終了
検査終了後、検査室から待合室へ移動し、気分など変わりない事を確認し点滴を抜きます。
着替えをして終了です。

※検査後は、造影剤を体外へ尿として出すために水分を多めに取って下さい。
※帰宅後、何かあった場合(かゆみ、発疹など)は病院へご連絡下さい。

心臓(冠動脈造影)CTのご案内

冒頭のように「虚血性心疾患」の最終診断には、心臓カテーテル検査が施行されています。この検査は手や足の動脈からカテーテルといわれる細い管を血管内に挿入し、レントゲンで確認しながら心臓の血管(冠状動脈)に造影剤を注入することで、血管の狭窄の有無や程度、部位を調べる検査です。

基本的には合併症の危険の極めて少ない検査ではありますが、動脈の中にカテーテルを挿入することの危険性や、検査後の止血(静脈と違い動脈なので、数時間圧迫しないと血が止まらない)などの問題もあり、安易に施行すべき検査ではありません。そこで、心臓カテーテル検査より簡易的に検査できるのが心臓CTです。
心臓CTは、CT装置で撮影した心臓を輪切りにした画像を3Dに表示出来る検査で、造影剤を使用することで血管の状態を調べることができます。

検査時間は入室から退室まで、30分ほどで検査することができ、検査の流れもCT造影検査とほとんど変わりません。
違うところは、検査時に心電図モニターを使用するところです。心電図の電極を貼る為、検査着への着替えをお願いします。
心臓CTは入院の必要もなく止血も数分で終わりますので、検査後はそのまま帰宅することが出来ます。
※矢印の所は実際に
冠動脈が狭窄しています。
冠動脈造影CT 心臓カテーテル検査
合併症の危険性 無し 有り
カテーテルの使用 無し 有り
穿刺部位 静脈 動脈
止血の所要時間 数分 数時間
入院 無し 有り
検査時間 30分程度 2時間前後
造影剤のアレルギー 有り 有り
費用 6,600円程度 50,000円程度
※費用は目安としてお考え下さい。
歩行や階段昇降の際に胸の圧迫感を感じるなど、心臓の病気が気になる方は是非、ご相談ください。
なお、不整脈があると画像が正確に撮影できない場合があります。詳しくは担当医にお尋ねください。

ご連絡・お問い合わせ

CT検査についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
047-451-6000 (代表) (放射線科)
FAX:047-451-0393 (代表)
パソコンからのお問い合わせはコチラをご利用下さい。
受付時間:月〜土曜日 9:00〜16:30(日曜・祝日は除きます)
場所:谷津保健病院 1階
ページTOPへ