診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内

MRI検査

概要

MRIとは磁気共鳴画像(Magnetic Resonance Imaging)の略称です。
強い磁石と電波を利用して頭、脊椎、関節など人体の様々な部位を任意の断面で撮像することができます。
放射線科で検査していますが、X線を使用していません。
何度検査していただいても、人体に影響の少ない安全な検査です。

当院では主に脳や整形外科・婦人科領域など幅広く利用されています。
また、先進医療機器整備の一環として最新磁気共鳴断層撮影装置SIGNA Explorer1.5T 『GE Healthcare 社製』を設置しています。

MRI検査の流れ

@診察
外来診察で医師が診断・治療に必要と判断した場合、MRI検査を受けることができます。
診察当日お待ちいただければ検査できる場合がありますが検査枠が空いていなかったり、時間の都合が合わない場合は予約になります。
予約の場合、検査時間の15分前の来院をお願いしています。外来受付の後に放射線科受付に受付票を提出していただきます。

A検査前に更衣室で検査着に着替えをしていただきます。
衣服に金属がない場合、私服のままで検査ができることもあります。

B検査室へ移動。寝台へ寝てもらい、検査開始。
検査中はコンコン、ガーガーと大きな音が鳴ります。
ヘッドホンをして音楽を流すことができますが、音をすべて消すことはできません。(お好きなCDをお持ちいただいて検査中に流すこともできます。)
また動きに弱い検査なので、検査部位を動かさない様にお願いします。
狭いトンネルの中で検査しますので途中で気分が悪くなった場合、装置にマイクが付いていますので声を掛けていただくか、あらかじめ非常ブザーをお渡ししますので、押していただきます。検査時間は検査部位によって異なりますが、大抵の部位は30分以内に検査が終わります。造影剤という特殊な薬を使用して検査する場合は1時間くらいかかります。詳しくは検査前にご説明します。

C検査終了
検査終了後、検査室から待合室へ移動し、気分など変わりない事を確認します。
着替えをして終了です。

検査室に入る前の注意点

MRI検査室の中は強い磁場が発生していますので、磁石にひきつけられる金属類、磁場により破損するおそれのあるものは検査前にすべて取り外していただきます。
以下のものを使用・症状がある場合、検査を受ける事が出来ません。あらかじめ医師や技師にお伝えください。

  • かつら
  • カラーコンタクト
  • アクセサリー類
  • ヘアピン
  • ブラジャー
  • ファスナー(ホック)の付いている衣類
  • カイロなどの貼薬
  • 貴重品類(財布・カード類・鍵・携帯・時計)etc…
体内の電子電気部品
ペースメーカー・人工内耳・植え込み型除細動器・植え込み型注入ポンプ (死亡例あり)
脳動脈クリップ
MRI可能な製品なら問題なし。かなり以前・他院のOPEは注意(死亡例あり)
目などの臓器に鉄片の破片
存在する可能性が極めて高い場合、XP・CTで確認が必要です。
眼部のインプラントや材料
スプリングやワイヤーなどで磁性体の可能性があります。義眼も注意。
磁場で活性するもの
磁力で装着する義眼・脱着不能な義歯など。
目のメイクアップ用品
強磁性体が含まれている顔料があります。
刺青
火傷・変色・柄のゆがみの可能性があります。
血管内デバイス
スワンガンツカテーテルなど。 (導電性ワイヤーを含むカテーテルが体内で溶けた例あり)
ニトログリセリン真皮浸透絆創膏
ニトロダームの名前で発売。皮膚に火傷を受けた例あり。
妊娠中もしくは妊娠の可能性のある方
胎児の安全性が確立されていません。
閉所恐怖症のある方
医師の判断で、安定剤を服用して検査できる場合もあります。
膀胱留置カテーテルの栓
栓の部分に磁石を使用している物は検査室に持ち込みできません。下図の物をご利用の方は担当技師に申しつけください。

MRI検査で診断できる病気

病変の大きさ、状態により診断できない場合もあります。
頭部
脳梗塞、脳腫瘍、脳動脈瘤、痴呆症(アルツハイマー型認知症)、神経損傷など
脳内の正常であった海馬傍回(記憶に関わる部位)の機能が低下する障害を痴呆症(アルツハイマー型認知症)といいます。

当院のMRIの検査では海馬傍回の関心領域内の萎縮の程度を数値化できるVSRAD(Voxel-based Spesific Regional analysis system forAlzheimer’s Disease)という早期アルツハイマー型認知症(痴呆症)診断支援システムを使用しています。

検査時間は通常の頭部MRIの検査より10分程度追加して行えます。
通常のMRIの検査では脳内の神経線維や椎体路の状態を描出すること困難なこととされていました。

近年、MRIでは困難と言われていたこれらの画像を拡散テンソル(diffusion tensor image:DTI)という検査法で画像化することが可能になりました。

この検査により脳神経の機能(手足の動き、言葉の機能)に関係し、神経線維の連絡路や病変との関係を知ることが可能になりました。

検査時間は通常の頭部MRIの検査より10分程度追加して行えます。
脊椎
椎間板ヘルニア、圧迫骨折など
骨盤
子宮筋腫、卵巣嚢腫、前立腺癌など
その他にも骨、関節(靭帯損傷、軟骨損傷、骨折など)や腹部(肝腫瘍、胆石)なども診断が可能です。

ご連絡・お問い合わせ

CT検査についてご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
047-451-6000 (代表) (放射線科)
FAX:047-451-0393 (代表)
パソコンからのお問い合わせはコチラをご利用下さい。
受付時間:月〜土曜日 9:00〜16:30(日曜・祝日は除きます)
場所:谷津保健病院 1階
ページTOPへ