診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内
診療科イメージ画像

診療内容

専門スタッフによる診療
日本乳癌学会の専門医を中心としたスタッフによる外来診療・手術治療・補助療法をおこなっています。
マンモグラフィーはマンモグラフィー撮影診療放射線技師による検査、同読影認定医による診断、超音波検査は日本超音波学会の評議員を中心とした検査・診断をおこなっております。 
当院は日本乳癌学会専門医制度の指定関連施設となっております。
エビデンスに基づいた標準治療
患者様個人個人の病態に対応した治療方針をインフォームドコンセント(説明と同意)の上で決定します。
乳癌の進行度、性質(サブタイプ分類)の分析結果を中心に科学的根拠(エビデンス)に基づいた標準治療(最も乳がんを治す確率の高い治療)を提示し、患者様の全身状態、年齢、治療への希望をよく理解した上で、患者様に最も適した治療法を選択します。

当院が科学的根拠として参照しているガイドライン
日本乳癌学会乳癌診療ガイドライン、NCCN(National Comprehensive Cancer Network)ガイドライン、St.Gallen乳癌コンセンサス会議
迅速な対応、早期の治療開始
受診(初診)日当日に乳腺エコー、マンモグラフィー、細胞検査(吸引細胞診)、組織検査(バコラ(VACORA)生検)が可能です。MDCT、造影MRIも数日以内に検査が可能です。
受診後1か月以内に手術を行うことが可能です。ご希望に応じ短い入院期間を調整します。乳房温存手術で3〜5日、乳房切除術で5〜10日の入院期間が目安です。
乳腺外科外来は予約制です。詳しくはコチラをご覧下さい。

主な治療法と実績

乳房温存治療
乳房を残して乳がんを治療する乳房温存手術を積極的におこなっています。
手術の病理結果に基づき術後の補助療法としてホルモン療法、化学療法、温存した乳房の放射線療法を追加することがあります。
手術成績は乳房全切除と比較しても変わりありません。
センチネルリンパ節生検
術中に腋窩の転移の目安となるリンパ節のみを切除し、転移の有無を調べ、転移のあるケースにのみリンパ節切除をおこないます。これにより、不必要なリンパ節切除やそれにともなう術後の腕の浮腫(むくみ)が防止できます。
集学的治療
進行した乳がん・再発した乳がんにはホルモン治療・化学療法・放射線療法・各支持療法およびそれらの組み合わせによる治療(集学的治療)をおこなっております。 
化学療法は落ち着いた治療環境の化学療法室にておこないます。
放射線治療
乳房温存手術後の温存乳腺への治療、骨転移などの再発がんに対し、連携体制をとっている東京ベイ先端医療幕張クリニックもしくは済生会習志野病院もしくは千葉徳州会病院にておこなっております。
H26年 H25年 H24年
温存手術(部分切除) 31 21 25
乳腺切除 23 35 16
腫瘍摘出術 4 5 7
その他 8 6 5
総計 66 67 53

スタッフ紹介

宮ア 正二郎 みやざき しょうじろう
病院長

筑波大学卒
日本外科学会指導医
癌治療認定医
日本乳癌学会認定医
マンモグラフィー読影認定医
下嶋 理恵子 しもじま りえこ

東京女子医科大学卒業
東京女子医科大学第二病院助教
マンモグラフィー読影認定医
日本乳癌学会認定医
日本外科学会認定医
村井 美知子 むらい みちこ

筑波大学卒
マンモグラフィー読影認定医
日本乳癌学会認定医
日本外科学会認定医
超音波検査技師
佐久間 浩  さくま ひろし
日本超音波医学会認定超音波検査師
東京女子医科大学第二病院非常勤講師
日本乳癌学会評議員
日本乳癌検診学会評議員
日本超音波検査学会評議員
日本乳癌甲状腺超音波診断会議幹事

ご連絡・お問い合わせ

不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
047-451-6000 (代表)
FAX:047-451-0393 (代表)
パソコンからのお問い合わせはコチラをご利用下さい。
受付時間:月〜土曜日 9:00〜16:30(日曜・祝日は除きます)
ページTOPへ