診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内
診療科イメージ画像

診療内容 

脊椎外科、股関節・膝関節・肩関節・肘関節・足関節の疾患、人工関節、手の外科、骨粗鬆症、リウマチ、先天性股関節脱臼を中心として骨折等の外傷、腫瘍など整形外科疾患全てを対象として診療しています。

内視鏡下手術、顕微鏡下手術などの先端的医療を行っています。また、術後等に行うリハビリテーションのスタッフ、設備も充実しています。

診療を行っている主な疾患

脊椎外科
腰椎椎間板ヘルニア、腰部脊柱管狭窄症、腰椎すべり症、頚髄症などを中心とする疾患に対し、各種ブロック治療などの保存療法ならびに各種の手術療法を行っています。

腰椎椎間板ヘルニアの手術治療では、内視鏡を使った最新の手術を行っております。
この場合、傷の長さは2cm程度で済み、手術翌日から歩行が可能です。入院期間は最短で1週間程度です。
股関節・膝関節外科
変形性股関節症、大腿骨頭壊死症、変形性膝関節症等の疾患が多く、変形性関節症の患者様に対しては、関節内注射や各種保存的治療を行っています。

外来通院でも痛みがとれない方には、入院治療を行います。
手術は関節鏡による低侵襲な手術を中心に、大腿骨頭壊死症や変形性股関節症に対する各種の骨切り手術、人工股関節置換術、変形性膝関節症に対する高位脛骨骨切り術や人工膝関節置換術を行っています。
肩関節・肘関節外科
肩の痛み、脱臼、五十肩、スポーツによる肩肘の痛みに対して外来治療を行っています。

肩・肘の手術は関節鏡を使用した低侵襲な手術(鏡視下手術)を行っています。
皮膚をメスで大きく切って行っていた手術が1cm程度の孔を数個あけるだけで済み、手術後の痛みも軽減され回復も早いため患者様の満足度も非常に高いです。

肩の脱臼の手術の場合は、孔を3つあけることで行っており、入院期間も最短で1週間程度です。
手の外科
骨折、腱損傷、神経損傷、靭帯断裂、腱鞘炎、変形性関節症などを中心に保存療法から手術まで行っています。
最新の手術用顕微鏡を使って、けがで切断された神経や血管をつなぐ手術や手関節用の関節鏡を使った低侵襲な手術も行っています。
関節リウマチ
外来治療から手術までリウマチ専門医が対応するようにしており、進んだ治療が受けられます。
薬物療法による治療効果が不十分な場合には関節滑膜切除術や人工関節置換術などの手術治療を積極的に行っています。
骨粗鬆症
骨の強さ(骨密度)を計ることができます。自分の骨が何歳にあたるのか計測し、骨粗鬆症と診断されれば外来通院で治療を受けることができます。また当院の人間ドックでも骨密度を計測できます。
外傷
骨折、脱臼などの救急患者を積極的に受け入れています。お年寄りに多い大腿骨の骨折にも対応しており早期手術により速やかな社会復帰の支援に努めています。

スタッフ紹介

小澤 正宏 おざわ まさひろ
整形外科部長:医学博士

日本整形外科学会専門医
リウマチ専門医
スポーツ専門医

専門
肩関節外科、肘関節外科、関節鏡外科
岩永 真人 いわなが まひと
整形外科医長

日本整形外科学会専門医
脊椎脊髄病学会指導医

専門
脊椎外科
西山 美奈子 にしやま みなこ
整形外科医長
非常勤医
岩ア 幸治  いわさき こうじ
手の外科
日整会専門医、リウマチ医、日整会スポーツ医

金 潤壽  きん じゅんじゅ
手の外科
医学博士、日整会専門医、日本リウマチ学会認定医

湯川 充人  ゆかわ みつひと



ご連絡・お問い合わせ

不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
047-451-6000 (代表)(整形外科外来)
FAX:047-451-0393 (代表)
パソコンからのお問い合わせはコチラをご利用下さい。
受付時間:月〜土曜日 9:00〜16:30(日曜・祝日は除きます)
場所:谷津保健病院 1階

ページTOPへ