診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内
診療科イメージ画像

診療内容

麻酔科は手術を受ける患者様の痛みを取り確実な手術が行える医療と技術を提供します。
手術室が主な勤務の場所となります。
患者様にとって安心、安全な麻酔を提供し、信頼していただけるよう日々努力してまいります。
麻酔に関するご説明と患者様の同意(インフォームドコンセント)
手術の前に麻酔科医がどんな麻酔をするか入院している患者様の病棟に出向いてご説明いたします。予定手術の場合は手術前日にご説明しています。
必要な場合はご家族の方にもご説明し、ご納得、ご了承をいただいたうえで麻酔をさせていただきます。
救急救命士気管内挿管の病院実習に協力しています
救急救命士法にもとづく気管内挿管による気道確保等の実習に協力しています。ご説明にご同意いただいた患者様の手術に際して指導麻酔科医の指導の下で救急救命士が実習します。

→詳しくはこちらをご覧ください
(千葉県消防地震防災課『救急救命士の病院実習にご協力をお願いいたします』)
患者様がお受けになる手術の種類、患者様の容態によっていくつかの麻酔法の中から一番適していると思われる方法で麻酔をします。

当院で行っている主な麻酔法

手術をする場所が痛くないようにする麻酔法を局所麻酔(局所神経の麻酔)といいます。手術中は眠ってしまい全然わからない内に手術が終わってしまうものが全身麻酔(中枢神経の麻酔)です。

全身麻酔で使用する薬には、吸って効く吸入麻酔薬、静脈に注射して効く静脈麻酔薬があります。手術の種類によっては筋肉をやわらかくする薬(筋弛緩薬)を使うこともあります。
局所麻酔
全身麻酔
麻酔から覚めたら・・・
麻酔法のところでもちょっと触れましたが、硬膜外カテーテルの入っている場合はそこから手術後数日間、痛み止めの薬が入ります。カテーテルの入っていない場合は全身的な痛み止めの薬を使います。
手術の傷が一番痛いのは手術当日1晩です。
翌日の朝まで持続的に痛み止めを使います。眠くなる作用もあるので安静も保てます。

スタッフ紹介

当院では麻酔の専門医1名が常勤し、予定手術、緊急手術の麻酔に当たっています
坂本 光太郎 さかもと こうたろう

ご連絡・お問い合わせ

不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。
047-451-6000 (代表)
FAX:047-451-0393 (代表)
パソコンからのお問い合わせはコチラをご利用下さい。
受付時間:月〜土曜日 9:00〜16:30(日曜・祝日は除きます)
場所:谷津保健病院 2階

ページTOPへ