診療科のご案内
診療担当表
休診・代診のご案内
症状別受診ガイド
各部門の紹介はこちら
看護部
医療相談について
臨床研修
臨床実績_クリニカルインディケーター
院内ツアー
交通案内
お問合せ
関連施設のご案内

谷津保健病院医療安全管理指針

目的と医療安全の考え方

 医療安全は医療の質に関わる大変大きな課題です。安全な医療を患者様に提供することは病院にとって最も基本となることです。
私たちは、医療を安全に行うためのシステムを確立するためには教育・指導・情報の共有化が大切だと考えています。
このために「医療の質向上委員会」及び「医療安全対策室」を設置し、医療安全管理体制を確立、病院組織における安全文化を醸成していきます。

 このような考え方のもとに、医療従事者による個人レベルでの事故防止対策及び医療施設全体の組織的な事故防止対策を両面から推し進めることにより、医療事故を無くし、全ての方々に安心と安全な質の高い医療を提供し、相互の信頼関係を大切にする心の行き届いた急性期病院を作ることを目的としています。

組織および体制

医療安全対策を推進するために、本指針に基づき本院には以下の役職および組織等を設置しています。
  • 医療安全管理者
  • 医療の質向上委員会
  • 医療安全対策室(事務局)
  • 医療機器安全管理責任者
  • 医薬品安全管理責任者
図1:医療の質向上委員会組織図・報告経路(クリックして拡大)
医療安全対策室構成メンバー
  • 医療安全管理者(診療部長)
  • 医療安全対策室長
  • 医療安全対策室GSM
  • 各部署リスクマネージャー
業務内容
  • ヒヤリハット・ニアミスなどの事例を把握し、具体的対策の検討・提案・指示
  • 報告事例の統計・分析・広報
  • 医療安全に関わる職員教育の実施(2回/年)
  • 医療安全、感染院内ラウンドの実施(1回/月)
  • リスクマネージャー会議の運営(1回/月)
  • 医療の質向上委員会への事例報告

医療安全に関する会議・委員会・研修会

リスクマネージャー会議 毎月1回第4木曜日
各部署のリスクマネージャーと報告事例の情報を共有し、重大事例の原因分析や対策検討を行っています。また、組織全体で取り組む項目に対し、多職種でのワーキンググループを発足させ、組織横断的な活動を推進しています。
医療の質向上委員会 毎月1回 月曜日
院長を委員長に医療安全管理者、各診療部長・科長、看護部長、各所属長、師長等を委員とし毎月1回定例で開催します。医療の質に関わる重要問題を議論・意志決定をし、院内に方向性を示す最高機関であり、各委員会・部会からの重要事案の報告を受け、承認・指導・評価を行います。
*重大医療事故発生時には随時緊急招集し、事故の対策・処理に当たります。また、原因究明の事故調査委員会を設置する。この際、外部委員(医師会・保健所・関係官庁)の指導が必要と思われる場合は速やかに連携を図ります。
院内ラウンド 毎月1回第1金曜日
感染委員会と合同で院内ラウンドを実施し、結果を現場にフィードバックしています。
医療安全研修 2回/年
全職員対象の研修は年2回開催し、新人研修や中途入職者研修、勉強会(転倒・転落など)を適宜実施します。
新人教育においては、リスクレポートの報告事例を積極的に活用しています。
Eコール訓練 2回/年
患者様の生命に関わる緊急事象が生じた場合に、本院内の総力を結集し救命と被害拡大を防止することを目的に、各部署で定例的に訓練を実施しています。
Eコール訓練

患者様へのお願い

本院では患者様を含めた医療安全の取り組みを推進しております。
安心で安全な質の高い医療の提供のため、ご協力くださいますようお願い致します。
お名前の確認
医師や看護師をはじめする病院職員が、診察・処置・手術・採血を含む諸検査を実施する際に、患者様の名前をフルネームでお呼びし、リストバンドで確認します。
(患者様ご本人にも名前をフルネームで名乗って頂いております) 

外来診療時に患者様又はご家族様に氏名を名乗っていただく事で、患者取り違えによる事故を防止しています。
リストバンド装着とバーコード認証システム
入院患者様にはリストバンドを装着して頂き、バーコード認証システムを活用し医療の安全性を確保しております。
転倒・転落防止
入院生活を送る病院環境は、普段過ごされている住み慣れた環境とは大きく異なります。生活環境の変化に病気や怪我による体力・運動機能の低下が加わり、思いがけない転倒・転落が起きることがあります。入院時に自宅の環境や普段の生活、お薬等について教えて頂き、転倒・転落の危険性を評価しながら入院生活を安全に過ごして頂くための援助に生かしていきます。

*入院の際には履き慣れた靴をご持参ください。(スリッパは転倒しやすいため)
*本院1階売店にて、靴を販売しております。
お薬手帳の確認
入院時に「お薬手帳」にて、服用されている薬剤を確認させて頂いています。
服用されているお薬、薬袋とともに「お薬手帳」を持参ください。
迷惑行為について

患者様相談窓口の設置

 病状や治療方針などに関する患者様からの相談に対しては、患者様相談窓口が対応致します。
  • 内容の必要性に応じて主治医、担当看護師等に報告させていただきます。
  • 担当者は相談内容、対応状況を記録し2年間保存させていただきます。
  • 相談により知り得た個人情報及び内容は、一切部外者には口外いたしません。
  • 医事課窓口に相談窓口受付を開設し、各部署に相談記入用紙(「皆様の声」)を設置しております。
ページTOPへ